仮想通貨

ビットフライヤー口座開設方法は?初心者向けに解説【仮想通貨入門】

ビットフライヤーで仮想通貨を買うために、口座を開きたい人もいるでしょう。手順がわかれば5~10分で手続きが済む可能性があります。場合によっては即日取引もできるので、ぜひチェックしてくださいね。

今回はビットフライヤーで仮想通貨を買いたい人のために、公式アプリにおける口座の開き方を教えます。これを読めば投資の第一歩を踏み出せますよ。

ビットフライヤーの口座開設で準備するもの

口座開設で準備するのは、以下の3点です。

・メールアドレス

・本人確認書類

・銀行口座

メールアドレスは無料でもらえるフリーメールでも大丈夫です。いずれにしても口座アカウント登録に必要なので、用意してください。

本人確認書類は運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどから選びます。法人なら登記事項証明書が必要です。

銀行口座はもともと持っているものでかまいません。登録内容と実際に使っている口座が一致していれば、最短即日で取引をスタートできます。

以上の3点さえあれば、ビットフライヤーの口座開設手続きを順調に進められますよ。

ビットフライヤーでの登録方法

ビットフライヤーでの登録手順は以下のとおりです。

1.メールアドレスとパスワードの登録、基本設定

2.個人情報の登録

3.クイック本人確認

4.銀行口座の登録

それぞれのステップを、画像つきで解説します。ここではスマートフォンにおけるビットフライヤー公式アプリでの説明です。

1.メールアドレスとパスワードの登録、基本設定

最初にスマートフォンから、ビットフライヤーのWeb版公式サイトにアクセスします。

メールアドレス入力後、登録ボタンを押してください。

登録後に届いたメールには、公式サイトのリンク先URLがあります。スマートフォンを使い、メール内のリンク先をクリックすればアカウント登録完了です。

続いてビットフライヤー公式アプリのダウンロードとインストールを済ませ、こちらへアクセスしましょう。

パスワードを設定します。セキュリティの観点からなるべく複雑な形を使うのがおすすめですよ。次ページでは確認のため、再度同じものを入力することになります。

利用規約にすべてチェックして「同意する」ボタンを押してください。

次は二段階認証設定です。受取方法が2つあり、ここでは「携帯電話にSMSを送信する」を選んでいます。

電話番号を入力し、確認コードの受取ボタンを押しましょう。

SMSでもらった確認コードを入力し、送信ボタンを押します。

二段階認証が必要になる場所を設定してください。

2.個人情報の登録

名前や性別、生年月日のような基本情報を入力します。このあとも以下のページが続くので、必要事項を順次クリアしてください。

・住所

・電話番号

次は取引に関する情報の確認です。まずは外国の重要な公人であることを否定するチェックを入れて「次へ」を押してください。

職業を決めましょう。

年収や金融資産、取引目的、投資経験などに答えます。

登録経緯も選びます。

内部者とは仮想通貨発行の関係者だったり、関係会社の主要株主や役員だったりなどに当てはまる者です。ここでは「該当しません」を選びましょう。このあと入力内容確認ページに入るので、「登録する」ボタンを押してください。

3.クイック本人確認

ビットフライヤーではクイック本人確認が可能です。認証形式としてこちらを選んでください。

運転免許証、パスポート、在留カードのどれかを選び「注意事項を確認しました」にチェックして、次に進みましょう。

こちらのページで撮影スタートです。アプリの指示に基づいて写真撮影を済ませるだけで、確認完了です。承認には時間がかかるため、その間に銀行口座登録の完了をおすすめします。

4.銀行口座登録

ビットフライヤーのホーム画面右下にある「メニュー」を押し、「マイアカウント」へと続けます。

「登録内容」を押します。

「銀行口座情報確認」を選んでください。

次に「本人銀行口座を登録」を押します。

本人が実際に使っている口座情報として、銀行・視点、預金種類、口座番号、名義などを入力します。

ここまで手続きを済ませれば、登録住所にハガキが届くので、ぜひ受け取りましょう。登録完了より2日から一週間で届きます。

ビットフライヤーの口座開設によるメリットは?

ビットフライヤーの口座開設によって、以下のメリットを期待できます。

・セキュリティ対策を施しているので、ユーザーは安心できる

・大手企業のバックグラウンドがある

・スマホアプリで手軽に取引可能

以下で3つのメリットを詳しく紹介します。

セキュリティ対策を施しているので、ユーザーは安心できる

ビットフライヤーは万全のセキュリティ体制です。世界最高認証局「DigiCert」の証明書を持っており、個人情報流出や不正アクセスへの対策を厳重に敷いていることがうかがえます。

さらにインターネットのオンラインとは別領域の管理スペースである「コールドウォレット」を使った仮想通貨管理も見逃せません。このように強固なセキュリティシステムのおかげで、ユーザーは安心してビットフライヤーを利用できます。

大手企業のバックグラウンドがある

ビットフライヤーは多数の大手企業からサポートを受けているのが特徴です。出資元の企業には三菱UFJキャピタル、電通デジタルホールディングス、リクルートなどそうそうたる名前が残っています。

このようなバックグラウンドの強さは、信頼性につながるでしょう。多数の大手企業から支持を受けている仮想通貨取引所は、ユーザーの安心を生みやすいといえます。

スマホアプリで手軽に取引可能

ビットフライヤーはスマホアプリで簡単に取引を進められます。操作が直観的なのがポイントです。画面構成がシンプルで、各項目をタップするだけで注文を進められるなど、初心者にやさしいしくみになっています。

これから仮想通貨取引を始めてみたいと思ったら、ビットフライヤーで始めるのがおすすめですよ。

まとめ

ビットフライヤーは日本でもトップクラスの知名度を誇る仮想通貨取引所です。口座開設手続きもシンプルな作業で進められますよ。今回の記事を参考にしながら、手続きを済ませてください。

ビットフライヤーはセキュリティやバックグラウンドに優れているため、ユーザーが安心できます。これから仮想通貨を買ってみたいと思ったら、こちらから始めてみませんか。